10月10日で25歳になったペ・スジの「トップ女優への道」!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ペ・スジは、1994年10月10日の生まれだ。2019年10月10日で満25歳になった。20代後半を迎えた韓国のトップ女優は、自ら演技力を磨いて今のポジションを得てきた。

最新ドラマ『バガボント』でペ・スジはイ・スンギと共演している




地道に磨いた演技力

アイドルグループ出身のペ・スジが広く知られるようになったのは、2011年に『ドリームハイ』に出演してからだ。
このドラマは、芸能界のスターを目指す若者たちの青春群像を描いた作品だったが、ペ・スジは主役級のコ・ヘミを演じた。
ドラマが始まった当初、ペ・スジは大きな批判にさらされた。演技力の不足を指摘する声がとても多かったのだ。
本来ならそうした批判で委縮してしまうところなのだが、ペ・スジはドラマの後半になってから見違えるように演技を見せ、批判に対して実力で応えてみせた。
彼女にとって大きな飛躍になったのが、2012年に公開された映画『建築学概論』だ。この映画で清楚な女性を自然体で演じ、映画の大ヒットにともなってペ・スジの評価が飛躍的に上がった。
以後の彼女の活躍は、いまさら触れるまでもないだろう。人気を誇る男優と次々と共演して、ペ・スジは20代前半にして韓国を代表するトップ女優にまで成長した。




それが可能だったのは、デビュー当時の批判に耐えて演技力を地道に磨いたからだ。そういう意味では、彼女は苦難の中から自分を光り輝かせる才能を育てたのである。
現在は、イ・スンギとドラマ『バガボンド』で共演している。20代後半を迎えた彼女の主演作から目が離せない。

文=「ロコレ」編集部

K-POP出身のアイドルが俳優として成功する条件は?

韓国の女優の「なんでもOK」精神に感服!

撮影快調!コン・ユとパク・ボゴムがダブル主演する映画『徐福』

『82年生まれ、キム・ジヨン』の脚本を読んだコン・ユが泣いた理由は?

『徐福』で人類初のクローン人間を演じるパク・ボゴムが凄すぎる!

パク・ボゴムこそSNS時代にふさわしいカリスマ!

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る