『82年生まれ、キム・ジヨン』の脚本を読んだコン・ユが泣いた理由は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

チョン・ユミとコン・ユが共演している映画『82年生まれ、キム・ジヨン』の制作発表会が2019年9月30日にソウル市内で行なわれた。その場でコン・ユが語った言葉が印象的だった。




監督のスタイルを称賛

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は2016年に発刊されて韓国で100万部以上が売れた同名の小説が原作だ。この小説は、韓国社会で女性が背負う重圧を表現していたが、映画は原作小説の骨子を受け継いで制作されている。
チョン・ユミが演じるキム・ジヨンは平凡な人生を歩んでいたが、ある時を境に過去の体験に苦しめられて如実に変化していく。その夫のチョン・デヒョンを演じるのがコン・ユで、妻のこれまでの生き方を理解して一緒に苦悩を分かち合おうとする。
そのチョン・デヒョンを演じるコン・ユ。制作発表会では、キム・ドヨン監督と呼吸がよく合ったことを強調していた。
「監督は長い間演技をされた方であり、俳優の観点をよくわかっていらっしゃいます。簡潔に話をされるので、私たちもよく理解できました」
コン・ユはこう語って、キム・ドヨン監督のスタイルを称賛していた。
さらに、注目を集めたのが次の発言だ。




「シナリオを初めて読んだときには、家族のことを思い、かなり泣きました。特に母のことが多く思い出され、電話をかけて『子供を育てるときに苦労したでしょ』と声をかけました」
コン・ユは俳優として演技をしながら、この映画が描く家族関係を自分のことのように捉えていた。
シナリオを読んで泣いた、というコン・ユ。そんな彼がどんな演技を披露してくれるのか。大いに興味をかきたてられる。

文=「ロコレ」編集部

コン・ユが『82年生まれ、キム・ジヨン』に出演した理由とは?

コン・ユとチョン・ユミが主演『82年生まれ、キム・ジヨン』が10月公開!

チョン・ユミが『82年生まれ、キム・ジヨン』でコン・ユと三度目の共演!

40歳になったコン・ユは『黄金の40代』を築けるのか

コン・ユとチョン・ユミ!『82年生まれ、キム・ジヨン』で三度目の共演

コン・ユは『82年生まれ、キム・ジヨン』で妻に寄り添う夫をどう演じるのか

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る