秋夕(チュソク)にふさわしく韓服が一番似合うのはパク・ボゴム!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2019年9月13日は韓国で秋夕(チュソク)だ。これは旧盆のことなのだが、この時期になると芸能界で「韓服がよく似合う俳優は?」というランキングが発表される。評価は人それぞれだろうが、やっぱり韓服が一番似合うのはパク・ボゴム?

写真=韓国KBS『雲が描いた月明り』公式サイトより




イ・ヨンというキャラクター

『雲が描いた月明り』で主人公のイ・ヨンを演じたパク・ボゴムが本当に良かった。このドラマが大ヒットしたのは、まさしくパク・ボゴムの存在感がすばらしかったからだ。
彼が演じたのはイ・ヨンだが、モデルは頭脳明晰で将来を嘱望されながら21歳で早死にした孝明(ヒョミョン)世子だ。
今までは悲劇で語られることが多かったが、パク・ボゴムが演じたことによって、明るく若々しい面が強調されていた。
パク・ボゴム自身はイ・ヨンというキャラクターについてこう語っている。
「イ・ヨンは堂々としているのですが、ちょっと気難しいところがあります。ただし、内面はとても力強くて温かさを持っている人物です。一見すると冷たそうに見えても、内面はそうではないというところに魅力を感じました」
「また、年は若いのですが、非常に強靭な心を持っているというところでも学ぶことがたくさんありました」




このように、イ・ヨンについて快活に語るパク・ボゴム。ドラマの中では伝統的な韓服をスタイリッシュに着こなしていた。
彼は長身で顔が小さい。それだけに、最近の若手俳優の中でパク・ボゴムほど伝統的な衣装が似合う俳優は他に思い浮かばない。
それほど彼は、冠がよく似合い、韓服がサマになっていた。その上で、若き指導者を颯爽と演じるのだから、人気が出るのも必然だ。

構成=「ロコレ」編集部

去り際に手を振るパク・ボゴムには別世界に引き込まれるような哀愁がある!

必読!パク・ボゴム主演『雲が描いた月明り』を理解するための歴史解説

『徐福』で人類初のクローン人間を演じるパク・ボゴムが凄すぎる!

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る