韓国のビックリ/追記編37「韓国を象徴する色は?」

このエントリーをはてなブックマークに追加

パスタも見た目は「赤」

韓国ではかつて、赤色を使ったデザインの炊飯器が爆発的な人気を得たことがあります。赤が消費者に支持されているので、企業も消費者の好みに対応した赤系の商品を提供することが多くなっています。
しかし、なんといっても究極的なのは韓国料理でしょう。
キムチ、コチュジャン、チゲ鍋など、韓国では唐辛子を使った料理をよく食べますが、その色は強烈な赤です。
それがまた恰好の刺激となって食欲がそそられるのです。
韓国の人たちはパスタを食べるときも、辛くするためにタバスコをたくさん入れたりしますが、その見た目も赤。それには本当にビックリします。




いずれにしても、国が違えば、色に対する好みも考え方も変わってきます。そして、韓国では「目に鮮やかな赤」を目にする機会がとても多いのです。

構成=「ロコレ」編集部

韓国のビックリ/追記編38「取り皿」

韓国のビックリ/追記編1「老舗」

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る