『トッケビ』から『ザ・キング』へ!イ・ミンホと共演するキム・ゴウンに注目

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

キム・ゴウンは映画『ウンギョ 青い蜜』でセンセーショナルなデビューを飾った女優だ。いくつかの映画で非常に個性的な役を演じた後、ドラマでは『恋はチーズ・イン・ザ・トラップ』で評価を高めた。




トッケビの花嫁

演技力が評価されて、キム・ゴウンは『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』でコン・ユの相手役になった。
このドラマは、コン・ユが演じているキム・シンが900年以上も前の高麗時代の将軍で、王に裏切られて胸に剣が刺さったまま現世をさまよっている、という設定だった。
その剣を抜けるのはトッケビの花嫁だけで、キム・シンはそんな女性をずっと探し続けていた。
そして、ようやく現代の韓国でトッケビの花嫁を見つけた。それが高校3年生のウンタクで、キム・ゴウンが演じた。
ウンタクは、キム・シンが様々な願いを叶えてくれる存在だとわかると、「500万ウォンください」と平気でいろいろな要求を出したりする。
これほどバイタリティがあるのは、母親が死んでおばさんの家に預けられて苦労したからだ。ただの高校3年生と思ったら大間違い。




苦難の経験だけなら、どんな女性にも負けないほど様々な修羅場をくぐっている。学校で先生や同級生からいじめられても、それでひるんではいられない。ウンタクは人生に対して前向きだし、大学受験のためにがんばっているし、自分の生活のためにアルバイトもしている。さらには、トッケビの花嫁にまでなってしまった。
(ページ2に続く)

『トッケビ』でコン・ユが立ち尽くす度に1枚の絵画が生まれる!

『トッケビ』のコン・ユの演技に魅了されて心地よい余韻が残る

コン・ユは3年間に『トッケビ』『徐福』などの何を語ったのか

コン・ユのすごさがわかる!/トッケビ全集2

出演依頼を5年も断ったコン・ユの演技は?/トッケビ全集3

コン・ユ主演の『トッケビ』の大きな見どころはココだ!

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る