『僕を溶かしてくれ』!チ・チャンウクの復帰作に注目が集まる

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

兵役から除隊した人気スターであれば、復帰第1作がとても大事だ。チ・チャンウクの場合は、20年間の冷凍人間生活から復活した主人公を演じることになった。そのドラマのタイトルは『僕を溶かしてくれ』である。

写真=tvN




不思議な展開のドラマ

陸軍の現役兵として軍事境界線に近い最前線の部隊で軍務に就いていたチ・チャンウクは、2019年4月27日に除隊した。
しかし、これほどの人気スターなので、チ・チャンウクの場合は除隊前から様々なオファーが届いていた。
その中からチ・チャンウクはケーブルチャンネルのtvNの新しいドラマ『僕を溶かしてくれ』を選んだ。
このドラマは、「冷凍人間プロジェクト」という企画に参加した男女が、不思議な展開によって20年後に目を覚まし、奇怪な出来事に巻き込まれるというストーリーだ。
特に、チ・チャンウクは、20年間も冷凍人間だったというメディア・プロデューサーを演じる。
この夏も撮影は順調に進められ、チ・チャンウクも意欲満々だ。なにしろ、彼は軍務を通して体力をとても向上させている。それで思い出したのが、兵役中に12キロも体重が太ってしまったという事実だった。




それは、芸能人にはよくあることなのだ。
というのは、芸能活動をしているときは常に節制に努めなければならないが、軍隊に入ったらそういう節制をする必要がない。
(ページ2に続く)

チ・チャンウクが兵役中に12キロも太った理由とは?

チ・チャンウクが兵役で配属された鉄原(チョロン)とは?

兵役中に結婚式に出たチ・チャンウクの休暇はどんな仕組みなのか?

素敵な関係!イ・ミンホとチョン・イルは幼い頃から友情を育んできた

イ・ミンホの復帰作となる『ザ・キング』!共演のキム・ゴウンの演技は?

イ・ミンホ 新世界を見つけたスター

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る