最新作の『偉大なショー』で新たな魅力を披露するソン・スンホン!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

かつて『秋の童話』や『夏の香り』で繊細な感受性を表現してきたソン・スンホン。彼は年齢とともに骨太な演技に磨きをかけ、常に新しいイメージを加えてきた。最新作はtvNで放送される『偉大なショー』である。

写真=tvN『偉大なショー』公式サイトより




円熟期を迎えた俳優

ソン・スンホンは常にファンへの感謝を忘れないスターだ。
「いつも思うことですが、愛があるからこそ自分はこの場所にいられて、インタビューを受け、みなさんにご挨拶ができるのです。そのことを心から感謝しています。それだけに、常に新しい姿をお見せして作品を通して感動を届けることができるようにしたいと思っています。みなさんの愛に応えたいですし、これからもがんばっていきます」
こう語るとおり、ソン・スンホンは常にファンに心から感謝しながら1作ごとに全力を尽くしてきた。
そして、兵役を終えたあとでも、彼は『エデンの東』『マイ・プリンセス』『Dr.JIN』『男が愛する時』などといった作品ですばらしい演技を見せてきた。
さらには、イ・ヨンエと共演した『師任堂(サイムダン) 色の日記』でも、独特な存在感でドラマを盛り上げていた。




まさに典型的な二枚目俳優だが、同時に、すべてを受け入れるような度量の広さも感じさせてくれる。
まさに、円熟期を迎えた凄い俳優なのだ。
(ページ2に続く)

これぞ話題の大型時代劇!『師任堂(サイムダン)、色の日記』

朋道佳のイチオシ9『ミス・ワイフ』

いま読みたい!人気俳優物語14

いま読みたい!人気俳優物語15

いま読みたい!人気俳優物語16

真の二枚目とはソン・スンホンのことを言う

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る