『徐福』で人類初のクローン人間を演じるパク・ボゴムが凄すぎる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

共演は今やトップ俳優とも言えるコン・ユ。演出は『建築学概論』で初恋ブームを巻き起こしたイ・ヨンジュ監督。最高級のメンバーと組んで映画『徐福』に挑むパク・ボゴムには期待が高まるばかりだ。




絶大なプラス効果

新しい主演映画の『徐福』は、今後のパク・ボゴムの俳優活動を左右する重大な作品になるだろう。
なんといっても、演じる役がクローン人間なのである。
遺伝子の組み換えによって人造的に作られた複製人間であり、生身の人間とは表情や立ち居振る舞いも微妙に違ってくる。
人類初の複製人間を演じるということは、パク・ボゴムが今までに前例のない役を引き受けた、と言える。
普通なら躊躇するところだ。数多くの批判が待ち構えていることも覚悟しなければならない。しかし、パク・ボゴムは果敢に新しい役にチャレンジした。
さらに興味深いのは、慎重な作品選びに定評があるコン・ユと共演することだ。超人気俳優のダブル主演は相互に響きあって絶大なプラス効果を生み出すはずだ。
『徐福』の演出はイ・ヨンジュ監督が受け持つ。




この監督は、韓国で恋愛映画として初めて観客400万人を突破して初恋ブームの社会現象を巻き起こした『建築学概論』を大ヒットさせている。
(ページ2に続く)

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』のロケ地・統営市とは?

パク・ボゴム&コン・ユ主演『徐福』の監督はどんな人なのか

パク・ボゴムこそSNS時代にふさわしいカリスマ!

イ・ヨンに扮した「雲が描いた月明り」を語る/パク・ボゴム全集1

主人公イ・ヨンのモデルとなった人物は?/「雲が描いた月明り」総集編1

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る