韓国のビックリ/追記編33「日本の小説の韓国版」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2018年に韓国で販売された小説本の中で、日本人作家の割合が31%に達し、韓国人作家の29・9%を上回った。まさに、驚くべき逆転現象が起きたのだ。なぜ、日本の小説は韓国でとても人気があるのだろうか。

韓国版の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』




異様なほどの売れ方

一番の人気作家は東野圭吾だ。小説『ナミヤ雑貨店の奇蹟』は2018年7月25日に100万部以上も売れていることが明らかになった。電子書籍版を入れると、合計で120万部を突破したという。人口5000万人に過ぎない韓国では、異様なほどの売れ方である。
この『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が韓国で発売されたのは、2012年の12月であった。最初はそれほど売れなかったのだが、読者の間で口コミで評判が広がっていき、ロングセラーとなった。
何と言っても、韓国の大型書店「教保文庫」のベストセラー集計では、5年連続で総合10位以内に入っている。
とにかく、読者層が広い。
また、2017年の韓国の図書館の貸し出し状況を調べみよう。
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が20代で1位、40代で2位、30代で3位、10代で4位となっている。




このように、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の人気は別格だ。
もともと、韓国では日本の小説家が注目されている。
特に村上春樹の小説は常にベストセラーになるし、その他でも、日本の作家の翻訳版は数多く出て相応の人気を得ている。
そこには、韓国の小説事情もからんでいる。
(ページ2に続く)

韓国のビックリ/追記編34「ランチタイムお見合い」

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

ソウルのショップで日本人の客はどう思われているか

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る