パク・ボゴムやコン・ユなど韓国の俳優はなぜ大卒が多いのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国の俳優の経歴を見ると、多くの人が大学の演劇・映像関連学科を卒業している。ここが、日本の芸能界と大きく違う点だ。なぜ、日本と韓国でこれほど違うのか。その理由を考えてみよう。




演劇関連学科の数が多い

パク・ボゴムは明知(ミョンジ)大学の映画音楽学科に進み、忙しい芸能活動と並行して学業に励み、見事に卒業している。
コン・ユの場合も、名門の慶熙(キョンヒ)大学の演劇映画学科を卒業し、さらに大学院も出ている。
彼らに代表されるように、韓国の俳優の多くが大卒だ。
なんといっても、韓国には著名な総合大学の多くに演技を学ぶための演劇・映像関連学科が存在している。
その数は40以上。日本とは比べられないほど多い。
実際、韓国の俳優であれば大学で演技を専門的に学ぶことが、まるで必須条件であるかのようだ。
韓国芸能界に詳しい記者がこう解説している。
「確かに、韓国で俳優をめざす人たちの間では、大学の演劇学科に進む人が多いですね。もちろん、大学で専門的に演技の勉強をするために進学しています」




「もう一つ大きな理由があります。それは、芸能界の中での学閥システムが大いに関係しているのです」
その学閥システムとは?
(ページ2に続く)

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

パク・ボゴムこそSNS時代にふさわしいカリスマ!

見事なホスト役!ビッグイベントを盛り上げたパク・ボゴム

パク・ボゴム!笑顔がなくても深い内面性を感じさせる俳優

パク・ボゴムが演じたイ・ヨンは時代劇屈指のキャラクター!

爽やかなパク・ボゴム!試練が与えた優しさ

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る