コン・ユが示した教訓「芸能人はお高くとまってはいけない」!

このエントリーをはてなブックマークに追加

コン・ユの笑える話

ファンミーティングでスターはファンと親しく話をしながら、「私はいつもファンのそばにいます」ということをアピールする。そのために、慣れない歌を歌ったり、苦手なダンスを踊ったり、上手く弾けないのにピアノを弾いたりする。
上手くできないのだが、それでも試してみる価値がある。一生懸命にチャレンジすることで、ファンに認められて好感を持たれるのだ。
結局、いくらスターといえども、その人気がいつまで続くかわからない。
だからこそ、スターはファンを本当に大切にして、いつまでも応援してもらえるように努力しているのだ。
「お高くとまらない」
スターにとって、これほど重要な座右の銘は他にないのではないか。
たとえば、コン・ユ。
彼は2013年2月に東京で開催したファンイベントで、多くのファンを前にこう語っている。




「来日したときはショッピングをしたいと思っていました。ちょうど日本はセール中で、いろんな品が45~50%オフ。おかげで良い品を安く買うことができました(笑)」
ここまで素直に自分をさらけ出すのだから、やっぱりコン・ユは凄い。

構成=「ロコレ」編集部

パク・ボゴムとコン・ユの共演で話題沸騰の映画『徐福』!

コン・ユが『82年生まれ、キム・ジヨン』に出演した理由とは?

『トッケビ』でコン・ユが立ち尽くす度に1枚の絵画が生まれる!

コン・ユは3年間に『トッケビ』『徐福』などの何を語ったのか

コン・ユとイ・ドンウク!『トッケビ』からさらに続く友情物語とは?

『トッケビ』から眠っていたコン・ユがついに俳優魂を覚醒させた!

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る