コン・ユが『82年生まれ、キム・ジヨン』に出演した理由とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2016年12月から翌年1月にかけてtvNで放送された『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』。このドラマでさらに評価を高めたコン・ユは、撮影終了後に俳優活動を休んでいたが、2019年になって再び活発に動き始めた。

作品選択の基準

寡作なコン・ユにしては珍しく、2019年は立て続けに2つの映画に主演することになった。
1つは、韓国で100万部以上も売れた大ベストセラーの『82年生まれ、キム・ジヨン』を原作とした映画だ。
この小説は「韓国社会では女性がいかに理不尽な生き方を強いられるか」を描いていて、主人公は30代の主婦のキム・ジヨンだ。
映画ではキム・ジヨンをチョン・ユミが演じるが、サラリーマンの夫に扮するのがコン・ユだ。
彼は、妻に理解を示す夫を誠実に演じる。映画は5月上旬に撮影が終わり、2019年下半期に公開される。




韓国で社会現象まで起こした大ベストセラー小説の映画化だけに、注目されるのは間違いないが、「話題性」より「企画性」を作品選択の基準にしてきたコン・ユが、なぜ『82年生まれ、キム・ジヨン』に出演することになったのか。
それは、彼の次の言葉を聞けば理解できる。
(ページ2に続く)

『トッケビ』でコン・ユが立ち尽くす度に1枚の絵画が生まれる!

パク・ボゴムとコン・ユが競演する映画『徐福』の撮影が快調に進んでいる

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

『トッケビ』から眠っていたコン・ユがついに俳優魂を覚醒させた!

コン・ユ主演の『トッケビ』がこんなにも面白い理由とは?

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る