コン・ユは3年間に『トッケビ』『徐福』などの何を語ったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

「この場が怖かった」

最終的に、コン・ユは『トッケビ』をどう評価しているのか。
「この『トッケビ』で撮影した日々は私にとってとても大切な時間でした。『コーヒープリンス1号店』のときと同じ充実感を感じることができました。そういう意味では、この10年という時間は決して無駄ではなかったと思います」
さらに続けて言う。
「やはり『トッケビ』は、私の30代を飾る作品として、ずっと心に残っていくことでしょう」
『トッケビ』での演技が高く評価されたコン・ユ。
彼は、2017年5月に行なわれた百想芸術大賞の授賞式でテレビ部門・男性最優秀演技賞に選ばれた。




そのとき、コン・ユはこう挨拶した。
「この場に立つのが怖かったのです。いろいろな人生を生きてきましたが、いまは混乱しています」
(ページ3に続く)

『トッケビ』でコン・ユが立ち尽くす度に1枚の絵画が生まれる!

『トッケビ』から眠っていたコン・ユがついに俳優魂を覚醒させた!

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

コン・ユとイ・ドンウク!『トッケビ』からさらに続く友情物語とは?

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る