パク・シフは時代劇について何を語ったか

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去には行きたくない

――時代劇に出演していて難しいところは?
「特段、難しいと感じたことはなかったように思います。かえって自分の新しい面をお見せできて良かったですね」
――それでは、面白かったところは?
「旅行やキャンプが好きなので、時代劇の撮影で韓国の景色がいい場所を回るのが楽しかったですね。撮影していて空き時間ができると、旅行のようにリラックスした気分を味わえたりして……。そうそう、撮影の合間にスタッフたちとお肉を焼いて食べたりね。余裕があって良かったですよ」
――もしも、タイムスリップして過去に行ったら、一番会いたい人物は誰ですか。




「歴史上の人物でお答えしたいところですが、過去には行きたくないですね。現在が重要という意味です。その“今”がなくなりそうで……。もし、過去へ行って細かいことで未来が変わってしまったら困りますね。そう考えると、今の自分もない訳だし。そうでしょ!」

インタビュー実施年=2014年
構成=「ロコレ」編集部

パク・シフは2014年に家族についてどう語ったか

パク・シフが存分に語った『黄金色の私の人生』の面白さ!

『王女の男』の制作陣が語るパク・シフの魅力!

パク・シフの心意気!全身でステージに向かう姿にウットリ

渾身の公演レポート!「パク・シフ主演ドラマ・フェス!大感謝祭ツアー」

『名もなき英雄』の見どころはココ!

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る