コン・ユとイ・ドンウク!『トッケビ』からさらに続く友情物語とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』では、コン・ユが演じるキム・シンとイ・ドンウクが扮する死神の掛け合いが本当に面白かった。ドラマを離れても、2人は相性の良さを存分に感じさせてくれる。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




アドリブの競演

『トッケビ』の中で、コン・ユが演じたキム・シンは自分の胸に刺さっている剣を抜いてくれる「トッケビの花嫁」を見つけなければならなかった。そして、イ・ドンウクが扮した死神は、死んでいく人をしっかりと導いていく役割だった。
そんな2人が奇妙な同居生活を始めるのが『トッケビ』の前半のトピックスだった。
いがみあう2人。その掛け合いが本当に面白かった。
実際、コン・ユとイ・ドンウクは台本にないアドリブを連発した。
この点に関して、コン・ユはこう語っている。
「イ・ドンウクさんは、いつもアドリブをきちんと返してくれるから、とてもありがたかったです」
「現場であんなに笑いながら演じたのは初めてです。イ・ドンウクさんは本当に瞬発力があって、最高の相手と思えるほど、打てば響いてきます」
「イ・ドンウクさんのおかげで、愉快なシーンがたくさん生まれたと思います」
こうしたコン・ユの言葉を聞いていると、撮影現場での軽妙な2人のやりとりが浮かんでくる。
特に傑作だったのが食事の場面だ。お互いに離れて座りながら、気に入らないことがあると食器を相手にぶつけたり、わざと食事を邪魔したりした。




このシーンを見ても、コン・ユとイ・ドンウクが、自分たちも楽しみながら演じていたことがよくわかる。
そんな2人の関わりあいは、『トッケビ』の撮影が終わった後も続いている……。
(ページ2に続く)

『トッケビ』から眠っていたコン・ユがついに俳優魂を覚醒させた!

『トッケビ』でコン・ユが立ち尽くす度に1枚の絵画が生まれる!

『トッケビ』から2年!黄金の40代に入るコン・ユの情熱とは?

深遠な世界に生きるコン・ユこそが「トッケビ」そのものでは?

『トッケビ』で見せたコン・ユとイ・ドンウクの競演に魅せられた!

コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る