こんなことまでするの? 日本と違う韓国の飲食マナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

酒の「つぎたし」はしない

食事の席であまりにトイレに行くのが面倒なときは、思い切って「煙草を吸ってもいいですか」と年上に聞いてみるのも手だ。ただし、「ダメだ」と言われる可能性は、日本よりははるかに高い。
また、日本の酒の席でよく見かける「つぎたし」も良くない。




韓国ではチェサ(祭祀)のとき、先祖の霊に捧げるコップにお酒をつぎたす習慣があるため、「つぎたし」という行為は死者に対するものになっている。当然ながら、生きている人に対しては好ましくない。そこで、お酒を注ごうと思ったら、相手が飲み干すのを待つほうが賢明だ。
さらに、韓国人はお酒を飲む際に水や炭酸で割ったりしない。どんなに強いウィスキーでも、ロックやストレートで飲むのが当たり前だ。
しかも、注がれたお酒は一気に飲み干すのが常識なので、お酒の弱い人はそのことをはっきり宣言しておいたほうがいい。そうでなけば、ベロンベロンになるまで飲まされてしまうだろう。
こういった日本との細かい違いをしっかり覚えておこう。

文=慎 虎俊(シン ホジュン)

韓国では初対面の挨拶ですべてを見抜かれる

韓国の方言にはどんな特徴があるのか

韓国では両親に対して敬語を使うのが当たり前!

取り皿を使わずジカ箸で鍋をつつくのが韓国スタイル!

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る