こんなことまでするの? 日本と違う韓国の飲食マナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

年上と酒を飲むときの注意点

たとえ、お腹いっぱいだと言葉で告げても、お構いなしにお代わりさせられる。だから、お皿に料理が残った状態で食事を終えるのがベスト。そうすると、ようやくお腹がいっぱいなんだと理解してくれる。
日本人から見たら失礼かもしれないが、とにかく韓国では皿の料理をちょっと残すにかぎるのだ。




それから、かつて韓国では、目上の人の前でお酒を飲むのは失礼だと思われていた。そんな伝統が今も礼儀のうえで残っている。
そのため、年上と一緒にお酒を飲むとき、年下はわざと顔をそむけて年上からは見えないような角度でお酒を飲んだりする。
こうした態度は今や形式にすぎなくなってきている。
それでも、年下に厳格に守らせる年長者もいるので、いくら形式でもわきまえておかなければならない。
また、お酒以上に煙草を吸うことは失礼にあたるので、吸いたくなったら「トイレに行きます」とでも言って席を外し、どこか目立たないところで吸うようにしよう。(ページ3に続く)

韓国では初対面の挨拶ですべてを見抜かれる

韓国の方言にはどんな特徴があるのか

韓国では両親に対して敬語を使うのが当たり前!

取り皿を使わずジカ箸で鍋をつつくのが韓国スタイル!

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る