映画『新聞記者』で主役を演じたシム・ウンギョンの演技は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

『新聞記者』は6月28日から全国で公開されたが、第1週に興行収入ランキングでトップ10入りを果たし、予想以上の観客動員を記録している。この映画で主役に扮しているのがシム・ウンギョンである。




チャレンジ精神が旺盛

政権の裏工作をノンフィクションのようなタッチで描いた映画『新聞記者』。最近の日本では政治に切り込んだ本格的な社会派作品はなかったが、この映画は現状を打破する意欲作となった。
その作品で日本人記者として堂々たる主役を演じているのが、日本語がネイティブの言語ではない韓国人女優のシム・ウンギョンだ。
このキャスティングには驚かされた。
同時に、韓国でも大きな実績があるシム・ウンギョンが「よくこの役を引き受けたなあ」と感心する。
当の本人はこう語っている。
「俳優は、いろいろな作品に挑戦することが大切」
「自分の人生でもたくさんの経験を積みたい」
この言葉を聞いているだけで、チャレンジ精神が旺盛であることがわかる。
そんなシム・ウンギョンについて振り返ると、すぐに浮かんでくるのが子役時代の印象的な演技の数々だ。




たとえば、『春のワルツ』(2006年)、『ファン・ジニ』(2006年)、『太王四神記』(2007年)……。どれも日本でよく知られる韓国ドラマの話題作だ。こうしたドラマでヒロインの子供時代を演じていたのがシム・ウンギョンだった。
当時の印象は「天真爛漫な女の子」。どの役を演じても、自然な明るさが滲み出てくる。しかも、演技が本当に達者だった。
(ページ2に続く)

この映画を待っていた!シム・ウンギョンと松坂桃李が主演の『新聞記者』

日本人の韓国訪問が史上最高レベルで増えている!

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

日本に留学した韓国人がビックリするほど実感したことは?

ソウルのショップで日本人の客はどう思われているか

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る