韓流スターは新兵訓練でリーダーになりやすい

このエントリーをはてなブックマークに追加

軍務を行なう師団の決め方

ガス室訓練では、催涙弾が降ってくる部屋に閉じ込められます。最初は防毒マスクをかぶっているのですが、「一斉に取れ」と言われて取った後は、ずっとそこで耐えることになります。
これがつらいのです。目から涙、鼻から鼻水、口からヨダレが出て、辛抱の限界です。「終わったときには、生きた心地がしなかった」とみんなが言うほどなのです。この訓練は1回だけです。
2回も3回もやっていたら、脱走兵が出るかもしれません。
訓練はかなり厳しいですが、5週間経ちますと新兵訓練が終わります。
そして、次に行く師団を決めるのですが、昔は「特権階級の息子は楽なところに行かせる」とか「将軍の息子は、軍隊内でも事務で過ごせるところに行かせる」といったことがよくありました。
それが大きく批判されて、現在はコンピュータによる抽選方式で、その後の軍務を行なう師団が決まることが多くなっています。
あるいは、各師団で新兵訓練を行なった場合は、そのまま同じ師団で軍務に就くことが一般的です。これを「自隊配置」と言います。




いずれにしても、5週間が終わった後の修了式を両親たちが見学して、母親が息子の大好物を作ってきて久々の対面を果たします。
その後に、新兵たちは所属する師団に散っていくのです。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

韓流スターはどんな新兵訓練を受けるのか(1)

韓流スターも軍隊ではこんな生活を送る(1)

兵役中に芸能人はどんなふうに過ごしているか

今年(2019年)兵役が終わる主な芸能人/除隊日はいつ?

兵役解説/入隊する韓流スターの心得とは何か

芸能人の兵役はなぜ社会服務要員と義務警察が多いのか?

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る