キム・ミョンス(INFINITEエル)主演の『ただ、一つだけの愛』が面白い!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国でバレリーナを本格的に描くのは初めてと言われているドラマ『ただ、一つだけの愛』。KBSで5月22日から放送が始まったが、このドラマの大きな注目は天使に扮するキム・ミョンス(INFINITEのエル)の演技だ。視聴率でも、上々のスタートだった。

写真=KBS公式サイトより




映像が華やぐ

シン・ヘソンとキム・ミョンスが共演する『ただ、一つだけの愛』は、5月22日に第1回の放送があり、視聴率は7.3%だった(ニールセンコリア/全国統計)。そして、第2回は視聴率が9.2%にアップしている。
水木ドラマとしては、同時間帯で視聴率1位を獲得している。とてもいいスタートを切ったと言える。
このドラマは、絶望に陥ったバレリーナとそれを救おうとする天使の物語だ。
シン・へソンが扮するイ・ヨンソは天才的なバレリーナだったが、不慮の事故によって視力を失い、生きる意欲をなくしてしまった。
亡くなった両親から大きな財産を得たのだが、それによって醜い争いも起きている。何もかも信じられないイ・ヨンソは、自ら命を絶とうとする。
そんなイ・ヨンソを優しく見守るのが天使のダンだ。キム・ミョンスが、白い衣装で演じていて、まさに彼が登場するだけで映像が華やぐ。




言ってみれば、『ただ、一つだけの愛』は天使をめぐるファンタジーなドラマなのだが、スタートから絶望するバレリーナの姿が延々と描かれていて重苦しい。それゆえに天使のキム・ミョンスが出てくると、心がホッと和む。とにかく、キム・ミョンスの存在感が本当に大きい。
(ページ2に続く)

イ・ミンホ 新世界を見つけたスター

ソ・ジソブ/優しさと強さが共存する俳優

パク・ボゴムこそSNS時代にふさわしいカリスマ!

パク・ボゴム!笑顔がなくても深い内面性を感じさせる俳優

米メディアで入隊について語ったBTS(防弾少年団)の今後の兵役問題は?

今年(2019年)兵役が終わる主な芸能人/除隊日はいつ?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る