韓国のビックリ/追記編25「韓国の新聞の特徴」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

今は取っていないのだが、数年前に、韓国の『朝鮮日報』と『スポーツ朝鮮』を毎日配達してもらったことがあった。韓国でその日に出た朝刊が夕方には日本のわが事務所に届くのである。とても重宝していた。




誤字が多いかも

あるとき、韓国の新聞を配達してくれる業者が「サービスで配ります」と言って、さらに韓国の一般紙とスポーツ紙を1つずつ付け足してくれた。
すでに『朝日新聞』『日本経済新聞』『日刊スポーツ』を取っていたのに、今度は韓国の新聞が4紙。合計7つの新聞を読むのは骨が折れた。
しかし、韓国の新聞と日本の新聞を比較するにはちょうどいい時期だった。
韓国の一般紙を一言で言えば「ページ数は多いのだが中身がやや薄い」ということだ。韓国の記者は「多くの取材をして記事を書く」というより、「少ない取材のわりには自分の主張が多い」と感じたのである。
とにかく、自分の意見を言いたいという記事が多く、その結果、韓国の一般紙のオピニオン欄は多くの記者の論評で埋まっている。「足でネタを集めるというより、口で記事を埋める」という印象が強かった。
新聞の記述に誤字や間違った内容も多かった。




まだ巨人に韓国選手がいた頃、韓国のスポーツ紙は巨人の記事をたくさん載せていたが、「東京ドームで行なわれた巨人対ヤクルトの一戦で……」という記事にのけぞったことがある。その日、巨人は東北で試合をしていたからだ。
「巨人のホームゲームなら東京ドーム」という固定観念を持って記事を書き、本来すべきチェックがないがしろになるから、間違いにつながる。もちろん、日本の新聞にも変な間違いはあるが、相対的に、韓国の新聞のほうが誤字や間違いが多いように感じた。
さらに韓国の新聞で閉口したのは、記事の半分くらいは「定型」で占められていることだ。この場合の「定型」とは、すでに他の記事で書いた内容の要約、という意味である。つまり、同じ題材の記事を読んでいると、文章の半分は「繰り返し」だらけなのだ。
「読まされるほうの身になってくれ」
そう思ったことは、二度や三度ではない。
(ページ2に続く)

韓国のビックリ/追記編26「懐かしのコリアンタイム」

日本と違う韓国のビックリ(1)

ソウルのショップで日本人の客はどう思われているか

日本人が韓国に興味を持って留学した理由とは?

ソウルに転勤となった日本人社員がホトホト困ったことは?

日本に留学した韓国人がビックリするほど実感したことは?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る