コン・ユ主演『トッケビ』の重要な場面を振り返る!

このエントリーをはてなブックマークに追加

時空を超えた愛

屈託のないウンタク。
900年の悲しみを背負い続けるキム・シン。
その2人を冷徹に見守っている死神。
三者の相関関係が興味深い。
キム・シンに扮しているコン・ユは、奔放に様々な表情を演じ分けているが、死神といがみ合っているときのコミカルさが際立てば際立つほど、ウンタクを思いやるときの悲しみが深い。




その悲しみに視聴者がどこまで近づけるのか。
ドラマは様々な仕掛けで輪廻転生でつながる悠久の人間関係を見せてくれるが、その根底にあるのは、裏切られてもなお人間を信じる力だ。
バスに乗ったウンタクの未来を守るために自らの全能を発揮したキム・シン。その姿を演じたコン・ユは、『トッケビ』の全編に漂う「時空を超えた愛」を花びらが風に舞うように演じていた。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

『トッケビ』から2年!黄金の40代に入るコン・ユの情熱とは?

コン・ユが『トッケビ』以降の休養期間を経て再び躍動期に!

深遠な世界に生きるコン・ユこそが「トッケビ」そのものでは?

『トッケビ』のコン・ユの演技に魅了されて心地よい余韻が残る

『トッケビ』のコン・ユは「言葉の世界に生きる詩人」だった

コン・ユ主演の『トッケビ』は魂の不滅を抒情的に描いたドラマ!

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る