韓国で兵役免除になるのはどんなケース?

このエントリーをはてなブックマークに追加

兵役免除の対象者

さらに、兵役免除になる可能性が高いのは次の人たちだ。
〔事実上の兵役免除になる可能性が高い人〕
・本人でなければ家族の生計を維持できない人
・規定の学歴に達していない人
・孤児
・帰化者
・国際スポーツ大会や音楽コンクールで優秀な成績をあげた人




以上の人が兵役免除の対象だが、他にも該当する人がいる
兵役法の第3条では「兵役義務者の中で6年以上の懲役あるいは禁固の刑を宣告された人は兵役の服務ができず、兵籍から除外される」と規定されている。
つまり、6年以上の懲役・禁固の刑を受けた人は完全に兵役免除になるのである。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

今年(2019年)除隊する大物芸能人!除隊日の総まとめ

超解説!社会服務要員とは何か?

芸能人の兵役はなぜ社会服務要員と義務警察が多いのか?

兵役免除になった大物スターの意外な免除理由とは?

解説!韓国の軍楽隊はこうなっている

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る