日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?(再読版)

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本に住んだ経験がある韓国女性の話をたくさん聞いてきて、「なるほど、日韓の違いが大きいね」と実感したことは多い。たとえば、自宅に招かれたときの食事の話。それは、どんな内容なのだろうか。




夕食に招待されたとき

ある韓国女性がしみじみと言った。
「韓国人は知り合いを家に招待したときは、最大限のご馳走でもてなすのが普通です。私は日本に住んだときに知り合いに夕食に招待されましたが、出てきたのは簡単な料理でした。先方は精一杯のご馳走を用意してくれたのかもしれませんが、韓国的に言うと、それは軽食だったのです。私はその程度にしか思われていないのかとガッカリしました」
彼女が心情はよくわかる。
しかし、いくら夕食に招待しても日本では韓国のようには「テーブルからはみだすほど料理の皿を並べる」ことは多くないかもしれない。そのことを理解すれば、彼女のガッカリもいくぶん緩和されるのではないか。
別の女性の話も興味深かった。彼女は韓国の放送局に勤めていて、国際放送のプロデューサーをしていた。留学のために1年間、東京に住んだことがある。




その経験から、日韓の生活上の違いをいろいろ考えるようになった。彼女が最初に指摘したのは?
「日本人が最初にソウルに来ると、町中でぶつかっても謝らない人が多いのでビックリするそうです。それは韓国人の性格でもあるんですね。韓国人は何ごともストレートで、控えめな日本人とは違います」
「日本で長年仕事をした韓国人が、もし自分が引いて相手をもちあげる日本式のスタイルに慣れたとしても、それを韓国でも実行したら相手から軽く見られて認めてもらえないでしょう」
彼女が指摘する話からは「控えめな日本人」「ストレートな韓国人」という図式が浮かんでくる。もちろん、全員がそうではない。比較的そういう人が多いというレベルの話なのだが……。




さらに、彼女は1年間の東京生活で何を感じたのか。
「東京で驚いたことがあります。銭湯に行くと、細かいことでよく注意されました。たとえば、日本の女性は銭湯で髪を洗うときに桶をよく使ってシャワーをあまり使わない。だからといって、私がシャワーを使っただけで注意することはないと思うんです。何かと神経をつかわないといけない国という印象が残りました」
(ページ2に続く)

日本と違う韓国のビックリ(1)

韓国女性の生き方〔第1回〕

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る