兵役の間も軍で携帯電話が使えるようになる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国の国防省は、激しく変動する時代に合わせて劇的な決定をした。それは何かと言うと、陸軍・海軍・空軍・海兵隊のすべての部隊において、兵士たちが携帯電話を使えるようにするということである。

写真=韓国陸軍公式サイトより




時代に合わせて

韓国軍で軍務をしている兵士たちに携帯電話を持たせると、軍の機密などを勝手にばらされる恐れがあるために、携帯電話の使用は兵士たちの間で禁止となっていた。もちろん、兵役中の人も携帯電話を使えなかった。
外部に電話をしたいときは、軍の中にある公衆電話で自由時間に通話をすることはできるのだが、個人的に自分が携帯電話を持つことはできなかった。
しかし、今の兵士たちは携帯電話がある生活に慣れすぎてしまって、それがないと大変な不便である。
しまいには、精神的にも落ち着かなくなる人がいる。そうした様々な面を考え、韓国の国防省も時代に合わせた変化を強いられた。
そこで、国防省では一部の師団において兵士たちの携帯電話の使用を試験的に実施してきた。
その結果、さしたる問題がないということになり、2019年4月からは韓国軍のすべての部隊において携帯電話の使用を許可する方向となった。




とりあえず、3カ月間の一時運用期間を設けて全軍で携帯電話の使用状況をチェックした上で、2019年7月からは全面的に兵士の携帯電話の使用が継続的に許可されることになるだろう。
(ページ2に続く)

今年(2019年)除隊する大物芸能人!除隊日の総まとめ

2019年上半期に入隊すると兵役は何日短縮になるのか

「今や兵役は芸能人の墓場ではない」と言い切れる根拠とは?(再読版)

最前線の部隊で兵役を始める芸能人が多くなった理由は?

絶頂期のBTS(防弾少年団)を悩ます今後の兵役問題!

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る