『アルハンブラ宮殿の思い出』を見るとヒョンビンの絶頂期がわかる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の内面を探せる時間

ヒョンビンには、街中で自由に行動ができない、という人気スターの宿命がある。そのことで寂しい思いをすることはあるだろうが、彼はその「不自由さ」の中で自分なりの生き方を模索してきた。
そんなヒョンビンは、自ら志願して2011年3月に海兵隊に入隊した。
このことは、ファンを大いに驚かせた。なぜなら、海兵隊は軍隊の中で一番訓練が厳しいことで有名だからだ。




いくら兵役だったとはいえ、ヒョンビンが自ら過酷な環境に進んだことは意外だった。しかし、ヒョンビンにしてみれば、意外でもなんでもなかった。
「自分の内面を探せる時間は貴重だと思います」
ヒョンビンは海兵隊に入ってこう語っている。
新しい自分を見つけるために、彼はあえて厳しい状況に自分を放り出そうとしたのだ。勇気がある俳優なのだ。
除隊して芸能界に復帰したヒョンビンは、2014年に『王の涙-イ・サンの決断-』に主演した。
この映画でヒョンビンは逞しい国王像を作り上げた。何よりも、弓を引くときの背中の筋骨隆々ぶりがまぶしかった。
(ページ3に続く)

韓流スターが自ら代表作を熱く語る3(ヒョンビン編)

ヒョンビンが兵役入りする後輩たちに贈る金言

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(前編)

ヒョンビンが乗り越えた海兵隊の訓練(中編)

東方神起ユンホとヒョンビンが双璧!兵役で株を上げたスター

ページ:
1

2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る