コン・ユが解説すると『トッケビ』がさらに面白くなる!/トッケビ再読1

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

あまりテレビドラマに出演しないことで知られるコン・ユが、久しぶりにチャレンジしたドラマ……それが『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』だった。彼は、このドラマについてどのように語っているのか。それを聞くと、さらに『トッケビ』の面白さが引き立ってくる(2018年8月14日に『ロコレ』に掲載された記事を再掲載しています)。

写真=tvN『トッケビ』公式サイトより




ようやく見つけた安らぎ

『トッケビ』の中でコン・ユが演じたのは、胸に剣が刺さったまま900年以上もさまよっているキム・シンという主人公である。彼は胸の剣を抜いてくれる「トッケビの花嫁」を探していたが、それが高校3年生のウンタクだった。この役はキム・ゴウンが演じていた。
さらに、イ・ドンウクが扮した死神がキム・シンとウンタクにからんでくる。この人間模様についてコン・ユはこう語る。
「キム・シンの場合、死神やウンタクと出会って同居することによって、初めてみんなと一緒に日常を楽しめるようになったのでしょう。それ以前まで、ずっと寂しさに耐えて感情を抑えた彼が新しい友に出会ったのです」
この説明が的確だ。キム・シンは奇妙な同居生活の中でコミカルな表情を見せるが、それは、長く苦しい忍耐生活の中でようやく見つけた安らぎだったのである。そう考えると、キム・シンのひとときの喜びを視聴者もともに実感できる。




コン・ユはさらに言う。
「キム・シンが心の奥に抱えていた寂しさ、哀しさ、真実……。彼がたどってきた人生と歴史があるからこそ、視聴者に受け入れられたのでしょう」
(ページ2に続く)

『トッケビ』を見ているとコン・ユのすごさがわかる!

『トッケビ』のコン・ユ!出演依頼を5年も断った彼の演技は?

『トッケビ』のコン・ユ&キム・ゴウンの主役カップルに拍手!

コン・ユが導く『トッケビ』の世界が人間の生死を乗り越えていく

コン・ユ主演の『トッケビ』を韓国の視聴者はどう評価したのか

ページ:

1

2 3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る