チャン・グンソクの兵役!終了がどれくらい早くなるのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

チャン・グンソクは2018年7月16日に兵役をスタートさせ、社会服務要員としてソウル消防災難本部で代替服務をしている。当初は社会服務要員の兵役期間が24カ月だったので2020年7月15日の兵役終了が予定されていたが、実際は兵役期間の短縮が実現して代替服務も短くなった。それでは、いつごろの兵役終了になるだろうか。




すぐに3カ月間の短縮ではない

韓国の兵役期間は、陸軍の場合で従来は21カ月であった。それにともなって社会服務要員の期間も24カ月となっていた。
しかし、2018年9月に文在寅(ムン・ジェイン)政権は、兵役期間の短縮を閣議で決定した。
それによって兵役期間が陸軍の場合で21カ月から18カ月となった。同時に、社会服務要員の兵役期間も24カ月から21カ月に短縮された。
ただし、これはすぐに3カ月間短くなるという単純な話ではない。
なんといっても、兵役に入った時期によって兵役期間が不公平にならないように段階的に実施されるのだ。




実際にみると、2017年1月3日以降に兵役に入った人たちが兵役期間短縮の対象者になっている。
具体的な方法としては、2018年10月から2週間に1日ずつ兵役期間を短くしていくのである。
(ページ2に続く)

練炭を寄付したチャン・グンソク!兵役履行中でも慈善活動を継続

心がホッカホカする話!チャン・グンソクが練炭を寄付した意味は?

チャン・グンソクが勤務するソウル消防災難本部とは何か

チャン・グンソクがソウル消防災難本部に行った理由とは?

社会服務要員になったチャン・グンソクの毎日がわかるQ&A

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る