防弾少年団(BTS)の東京ドーム公演!会場周辺のリポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

防弾少年団(BTS)・ワールドツアーの日本公演のトップを飾って、11月13日に東京ドームに彼らが登場した。公演前の東京ドームの様子をリポートしよう。

うれしいお出迎え

東京ドームに向かう足取りも軽い!

携帯で写真を撮る人が列をなしていた

ユーモラスな場面も

11月13日の東京はやや肌寒い1日だった。
午後6時の開演だが、開場は4時。その時間になると、最寄り駅のJR水道橋駅は混雑し始めた。
街頭では防弾少年団を否定する演説をしている人もいたが、東京ドームに向かう人で足を止める人はいなかった。
東京ドームの敷地に入ると防弾少年団の各メンバーの写真が掲げられていて、それを撮影している人も多かった。




ようやく東京ドームのゲート前。長蛇の列ができている。
軽快なDJのような話し方で、観客に早めの入場を促す警備員の人がいて、ユーモラスな話術に笑いが起きていた。
大事な公演の前には、こういう余興的なアクションも楽しい。
(ページ2に続く)

防弾少年団(BTS)が受章した文化勲章の花冠とは何か

世界が防弾少年団(BTS)を待っている!もちろん日本も!

ビルボードが高く評価した防弾少年団(BTS)の音楽性!

防弾少年団(BTS)!「韓国の夢」を最高の形で実現

防弾少年団(BTS)の快挙!全米1位はどれだけ凄いのか

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る