なぜ韓国ではドラマの制作本数がこれほど多いのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国ではドラマの制作本数が非常に多いのですが、それはドラマ好きの国民性が大いに関係しています。結局、韓国でドラマの制作本数が多いのは、それだけ需要があるからですが、その背景には何があるのでしょうか。




身内意識が強い人たち

韓国の人たちは、厚かましく思われるほど人の感情に興味を持っています。それは歴史が関係しています。
というのは、韓国はずっと内乱が少ない国でした。10世紀に高麗王朝が朝鮮半島を統一してからは、1950年に始まった朝鮮戦争まで国内で大規模な内乱は起きていませんでした。
1392年に高麗王朝から朝鮮王朝に変わったときも、朝鮮王朝の初代王となった李成桂(イ・ソンゲ)によるクーデターが成功したもので、国民同士の戦闘はほとんどなかったのです。
また、文をもって国を治める文官が支配階級だったために、問題の解決手段として暴力を利用しませんでした。
このような雰囲気のもとで、朝鮮半島の人たちはお互いを疑ったり警戒したりする態度を取らず、何もかもを共有する習性が生まれました。




これは今の韓国でも強く残っていて、国民全体が身内のように思い合う風潮が強いのです。他人に対して好奇心が強いのも、この身内意識から由来していると思われます。「他人」ではなく「身内」だから、人の事情を知ろうとします。そうした人間関係の中で、みんなが一緒に泣いたり笑ったりしたがるのです。
それがそのままテレビドラマを見る状況につながります。つまり、韓国人はテレビドラマをとなりで起こる実際の出来事として見ています。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る