韓国のビックリ/追記編17「テレビ局への抗議」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

テレビ局には、毎日多くの問い合わせや抗議がある。それだけ、多くの人が見ているということなのだ。しかし、韓国の場合には、日本では考えられないような抗議がテレビ局に来ることがある。それは何だろうか。




先祖は裏切り者?

たとえば、韓国時代劇に自分の先祖が出たとする。
とてもいい役だった場合は子孫もうれしいだろうが、逆に、目も当てられない悪役だったときには、子孫がカンカンに怒ってテレビ局に抗議に出向いたりする。それは、韓国ではよくある話なのである。
非常に抗議が激しかったのが、KBSが『王女の男』を放送したときだ。このドラマに申叔舟(シン・スクチュ)という人物が出てくる。
彼は、4代王・世宗(セジョン)が民族独自の文字(後のハングル)を創製するときに、大変貢献したとも言われている。
そんな申叔舟が、世祖(セジョ)が甥の端宗(タンジョン)から王位を奪うという大事件のときに、世祖の側についたのである。
史実をもとに、『王女の男』の中で申叔舟は裏切り者のように描かれている。本来なら、端宗を守る側にまわらなければならなかったのに……。




実際、申叔舟は世祖に気に入られ、後に大出世を果たしている。なんと、領議政(ヨンイジョン)という官僚最高の地位に就いたのだ。今で言うと総理大臣のようなものだ。
このように、朝鮮王朝時代に領議政まで務めたので、子孫は申叔舟のことをとても誇りに思っていた。
しかし、『王女の男』の中では仲間を裏切る人物として描かれた。これに子孫たちが激怒した。放送したKBSに猛烈な抗議をしたのである。
(ページ2に続く)

韓国のビックリ/追記編18「物を売る人々」

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

日本人を妻に迎えた韓国人男性は何を痛感したのか

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る