朝鮮王朝の国王は食べすぎで短命だった

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

朝鮮王朝時代の国王は27人いたが、平均寿命は46歳である。人生50年の時代なのに、平均で50歳まで生きられなかった。それは、なぜなのか。食べすぎが原因ではないだろうか。




毒味用の女官は3人

朝鮮王朝時代の国王は、1日に5回も食事をした。
その食事はスラサンと呼ばれたが、当日の一番最初の初スラサン(正式には初朝飯という)では、主にお粥を食べた。そして、午前10時頃に朝スラサン、午後に昼スラサン、夕方5時頃に夕スラサンを豪華に取った。
さらに、最後に夜食を食べて1日をしめくくった。
どう考えても食べすぎである。歴代の国王には口内炎が多かったというが、運動不足なのに食べすぎだったから、それも仕方がない。




なお、最も重点が置かれた食事は朝スラサンと夕スラサンである。国王が食事をする時には3人の毒味用の女官がついて、出された料理がチェックされた。
それでは、どんなものがいつも出されていたのか。
(ページ2に続く)

日本に住んだ韓国女性が驚いたことは?

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

韓国女性の生き方〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る