韓国のビックリ/追記編10「女子プロゴルフ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本から見て、驚くことが多い韓国のスポーツ界。女子のゴルフ選手たちの強さにもビックリさせられる。今や世界最強のレベル。その最大の功労者が、すでに引退してしまった朴セリだ。彼女がいたから、韓国の女子プロゴルフ界はここまで強くなれたのだ。




救国の孝行娘

1998年に朴セリは世界の女子ゴルフ界のメジャー大会に2勝した。それは、特筆すべき快挙だった。
「彼女は偶然のシンデレラじゃない。国が困難なときに現れたジャンヌ・ダルクだ」
当時、朴セリの2冠制覇に歴史の必然性を感じるという声を何度も聞いた。その頃の韓国は未曾有の経済危機で、国の経済が破綻寸前に追い込まれていた。そんな中で、スポーツを通して朴セリは国民を奮い立たせるという重要な役割を演じた。
朴セリが優勝する度に韓国の主要新聞は「私たちの娘が世界を制した」という見出しを連発した。「私たちの」という言葉の中に誇らしげな気持ちが垣間見えた。過剰なまでに自尊心が強い韓国の人たちにとって、経済危機で自信を失いかけたときに、再び立ち上がる勇気を与えてくれた朴セリは救国の孝行娘だった。彼女が「韓国のジャンヌ・ダルク」に例えられたのも、十分な根拠があるのだ。
勝ち方もオーラを感じさせた。1998年5月の全米女子プロでは、初日から最後まで1位を誰にも譲らず、底知れぬ強さで史上最年少優勝(20歳)を達成した。さらに、2冠目はドラマ仕立てだった。




1998年7月の全米女子オープンで朴セリは、壮絶なプレーオフの末に宿敵を下してメジャー2勝目をあげた。
途中、靴と靴下を脱いで川に入り、水中のボールを打って窮地を脱するというドキドキの場面もあった。後にこのシーンは、韓国政府が大々的に行なった「第二の建国」キャンペーンの主要映像として使われ、テレビで繰り返し放送された。あたかも、韓国の将来を委ねる若者の代表が朴セリであるかのように。
このスーパースターの誕生秘話も「ビックリ」の連続だった。(ページ2に続く)

韓国のビックリ/追記編11「タクシー」

韓国で働く日本女性が強烈に実感することは?

韓国で暮らす日本女性が不満に思うことは?

なぜ韓国人はこんなにも日本に来るのか

韓国に嫁に来た日本女性の本音は?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る