チャン・グンソクは社会服務研修センターで何を学ぶのか!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

チャン・グンソクは、7月16日に忠清(チュンチョン)北道の報恩(ポウン)郡にある社会服務研修センターに入り、兵役をスタートさせた。彼はこの研修センターで社会服務要員としての基本的な事項を学び、公的機関で2年間の服務に就く。

 




服務規程を覚える

チャン・グンソクは、7月16日に社会服務研修センターに入って実際に研修をスタートさせた。
こうした研修は、通常なら4泊5日の日程で行なわれている。果たしてどのような研修内容になっているのだろうか。
この研修で重視されているのは3つだ。
1つは、社会服務要員としての役割をよく理解し、服務規程を覚えることだ。
社会服務要員は、兵役の軍務を代替するものだが、実際に公的機関で働くことによって社会的にも大きな貢献となる。
ただし、その役割をしっかりと理解しておかないと、せっかくの服務が中途半端になってしまう。




それではいけないので、社会服務要員としての自らの立場をよく理解し、かならず服務規程を守らなければいけない。
そういう意味でも、この研修センターでは、社会服務要員の役割を理解することと服務規程の把握がとても重要視されている。(ページ2に続く)

チャン・グンソク!「新兵訓練より研修」は兵役の適切な始まり

チャン・グンソクがなる社会服務要員の役割とは何か

チャン・グンソクは社会服務要員としてどんな日々を送るのか

チャン・グンソクが新兵訓練をしなかった理由とは?

チャン・グンソクが入った社会服務研修センターとは何か

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る