2PMのウヨンが入隊した白頭山部隊(第21師団)とは何か

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

2PMのウヨンが7月9日に兵役履行のために入隊した。新兵教育を受ける場所は、有名な白頭山部隊(第21師団)である。この部隊は、長い軍事境界線を守っている最前線の部隊だ。

部隊名の由来

2PMのウヨンは、白頭山部隊(第21師団)の新兵教育隊に入った。
白頭山(ペットゥサン)といえば、中国国境沿いにある朝鮮半島の最高峰だ。昔から民族にとって「神聖な山」として崇められてきた。
しかし、今は北朝鮮に位置している。それなのに、なぜ韓国の師団の部隊名になっているのだろうか。
それは、白頭山部隊の創設時のエピソードと関係がある。




白頭山部隊が誕生したのは、1953年の1月だ。当時は朝鮮戦争が続いていたが、戦況は38度線あたりで両軍が拮抗していた。
当時の韓国の李承晩(イ・スンマン)大統領は檄を飛ばした。
「白頭山まで進撃して太極旗を掲げろ!」
李承晩大統領は徹底して部隊を鼓舞した。(ページ2に続く)

2PMのウヨンはどんな新兵訓練を受けるのか

韓流スターはどんな準備をして兵役に入っていくのか

〔最新版〕2PMの他のメンバーはいつまで兵役に行けばいいのか

2PMウヨン ドラマで発見!多彩な才能

2PMのJun.K が入隊した怒濤(どとう)部隊とは?

ページ:

1

2 3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る