イ・ジュンギが『無法弁護士』で惚れ惚れする演技とアクションを見せる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

見事なしゃべりが快感

今年36歳になるイ・ジュンギだが、アクションシーンは本当に見応えがある。日頃からよほど鍛錬しているということがよくわかる。20代前半のK-POPスターのような瞬発力を連続して見せてくれて胸がスッキリする。
演技力は言うまでもない。
ドラマの中でのサンピルは自信過剰なところがあって、どんな危険な場面でも余裕を持って対処していこうとする。




見ていてハラハラさせられることも多いのだが、イ・ジュンギのメリハリのある演技が各シーンを見事につないでいる。
ジェイはとても勝気な女性弁護士という役で、サンピルとは衝突してばかり。必然的にソ・イェジとイ・ジュンギの言い争いが増えるが、イ・ジュンギの「立て板に水」のようなしゃべりは実に快感だ。
画面を見ながら、何度もうなずいてしまうほどなのだ。(ページ4に続く)

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

https://goo.gl/KBWDB5

イ・ジュンギの兵役延期の不可はブラックリストに載ったからなのか?

イ・ジュンギのブラックリスト問題/その後の展開は?

光宗(クァンジョン)の栄光と苦悩!イ・ジュンギが演じた王の真実

イ・ジュンギが『麗<レイ>』で演じた光宗(クァンジョン)に魅せられる!

ページ:
1 2

3

4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る