イ・ジュンギが『無法弁護士』で惚れ惚れする演技とアクションを見せる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優魂が全開

故郷に戻ったジェイは驚いてしまった。
写真スタジオを経営していた父親は多額の借金を抱えていて、大きなトラブルの渦中にあった。
そんな状況の中で、ジェイはサンピルと会った。
サンピルはジェイの能力を見込んで、自分の弁護士事務所の事務局長を依頼する。
ジェイはサンピルが気に入らないのだが、父親の借金を返すためにはそうせざるを得ない事情があり、結局は依頼を承諾する。




こうしてサンピルとジェイは2人で組んで、本格的な弁護活動に入っていった。
とにかく、第1話からスリリングな展開の連続だ。その中で、イ・ジュンギが縦横無尽の演技とアクションを見せている。
あるときはキレのいいアクションでヤクザに立ち向かい、あるときは卓越した法律の知識で問題を解決していく。
このように、サンピルは「拳」と「法」で顧客の勝利を獲得する風変わりな弁護士。こういう難しい役を演じるときのイ・ジュンギは俳優魂が全開となる。(ページ3に続く)

俳優イ・ジュンギの流儀!全力で演技して常に挑戦し続ける

https://goo.gl/KBWDB5

イ・ジュンギの兵役延期の不可はブラックリストに載ったからなのか?

イ・ジュンギのブラックリスト問題/その後の展開は?

光宗(クァンジョン)の栄光と苦悩!イ・ジュンギが演じた王の真実

イ・ジュンギが『麗<レイ>』で演じた光宗(クァンジョン)に魅せられる!

ページ:
1

2

3 4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る