韓国はなぜ分断国家になったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

国連の決議

朝鮮半島が南北に分裂していく中で、アメリカとソ連はソウルで二度にわたって共同委員会を開いた。その場で、アメリカとソ連の意見がまったく異なっていた。アメリカは、すべての政治団体の参加を許して統一臨時政府を樹立することをめざした。一方のソ連は、信託統治に賛成する政治団体だけで臨時政府を作ろうとした。そんな両国の対立は解消されずに共同委員会は決裂してしまう。
そこで、アメリカは朝鮮半島の独立問題を国連総会に提議した。




1947年11月14日、国連は「監視のもとで朝鮮半島で選挙を行ない、独立した政府の樹立をめざす」と提案した。ソ連は北朝鮮での影響力を失うことを恐れて反対したが、提案は絶対多数で可決された。
1948年1月9日、北朝鮮人民委員会は国連の臨時委員会が朝鮮半島北部に入ってくることを拒否した。それは、ソ連の意向に沿った措置だった。
これによって、北朝鮮で選挙を行なうことが難しくなってしまった。
国連は仕方なく、選挙ができる地域だけで先に行なって独立した政府を樹立しようという決議をした。
結果的に、その決議が朝鮮半島の分断を誘導してしまった点は否めない。(ページ4に続く)

〔総集編〕韓国はなぜ日本の植民地になったのか

韓国はなぜ日本の植民地になったのか(前編)

韓国は日本の植民地時代をどう生きたのか(前編)

「三・一独立運動」とは何か

ページ:
1 2

3

4

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る