パク・ヒョンシクとチャン・ドンゴン!世代を超えた2トップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

4月25日から始まる『SUITS/スーツ』は、韓国KBSの期待の水木ドラマだ。その制作発表会が4月23日にソウル市内で行なわれたが、出席したチャン・ドンゴンとパク・ヒョンシクの発言がとても興味深かった。

19歳の年齢差

『SUITS』はアメリカで人気の法廷ドラマのリメイク版だ。
パク・ヒョンシクが演じるコ・ヨヌという役は、天才的な記憶力と相手を安心させる共感能力を持った人物。両親を亡くした小さいころから弁護士を夢見ていたが、結局はなることができなかった。
そんなコ・ヨヌが伝説の敏腕弁護士チェ・ガンソク(チャン・ドンゴン)と運命的に出会って、ニセの弁護士として活動していくことになる。




今回の作品は人気俳優のダブル主演といっても、チャン・ドンゴンとパク・ヒョンシクは芸能界でも経験の差が大きく、年齢が19歳も離れている。
果たして、劇中でどんなふうに息を合わせるのか。
視聴者はそこが気になると思うが、制作発表会でのチャン・ドンゴンの説明は実に明快だった。
「パク・ヒョンシクとは19歳も年の差があります。でも、付き合ってみると、世代の差を感じないほど話が合いますね」(ページ2に続く)

パク・ヒョンシクの演技を称賛したチャン・ドンゴン!

洋々たるパク・ヒョンシク!『SUITS/スーツ』で決める

韓国ドラマの根幹をなす「恨(ハン)」とは何か

韓国とドラマの素朴な疑問に答えます〔第1回〕

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る