パク・シフが存分に語った『黄金色の私の人生』の面白さ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

パク・シフは4月20日、東京の新宿文化センターで『黄金色の私の人生』の日本放送記念イベントを開催した。同日には記者会見を開いて、同ドラマについて詳細に語ってくれた。その発言を紹介しよう。

脚本家を信じて出演を快諾

パク・シフはどんな気持ちで『黄金色の私の人生』への出演を決めたのだろうか。
意外なことに、台本を読まないで出演を快諾したという。それは、脚本家を信頼していたからだ。
「『黄金色の私の人生』を選んだ理由なんですが、僕はこれを選んだときに台本を見ていない状態でした。以前、『検事プリンセス』で組ませていただいたソ・ヒョンギョン作家からオファーを頂きまして、喜んでお引き受けいたしますとお答えしました。ソ・ヒョンギョン作家を信じて出演を承諾したわけです」




パク・シフが『黄金色の私の人生』で扮したのはツンデレな財閥御曹司のチェ・ドギョンである。
このキャラクターについてパク・シフはこう語っている。
「本当にリラックスできるところや自分の心の中までも見せるというところが僕とドギョンの似ているところですね。たとえば、ドラマにはユ秘書(イ・ギュボク)が出てきますが、ユ秘書と一緒にいますと僕も友達のような姿を見せたり、いたずらっ子のような部分を見せたりするんです。そういうところが普段の僕と似ていると思います」(ページ2に続く)

『王女の男』の制作陣が語るパク・シフの魅力!

パク・シフの心意気!全身でステージに向かう姿にウットリ

『名もなき英雄』はパク・シフの代表作!

韓国で最強のドラマ放送枠!KBSの週末ドラマ

ページ:

1

2 3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る