『王女の男』の制作陣が語るパク・シフの魅力!

このエントリーをはてなブックマークに追加

適応力に優れていた

監督のキム・ジョンミン氏はパク・シフの演技をこう評価した。
「撮影が始まると、パク・シフは想像以上でした。実は多少の不安もあったので、演技に対する期待値は高くはなかったのです。ところが、実際にドラマに入ってみたら、キャラクターを完璧にこなしていました。彼はとても早く役に適応し、周囲の人たちも感心していました。それほどパク・シフさんは努力もたくさんしたし、適応力があったということでしょう」




「パク・シフが演じたキム・スンユというのは難しい役です。名門のお坊っちゃんでなんの不自由もなく気ままに生きてきただけに、自信にあふれていてすべてに肯定的でした。そんな若者が、父が殺されて家門が没落してから、復讐の化身として生まれ変わります。そういう対照的な姿を演じなければなりません。私が要求したのは、状況が変わって正反対のキャラクターになったことを強調してほしいということです。パク・シフはその部分をよく理解してくれて、結果的によくできたと思いますね」
プロデューサーと監督といえば、ドラマ制作陣の要だ。その2人がパク・シフを絶賛していた。『王女の男』があれほど面白かった理由がこれでわかる。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

パク・シフの心意気!全身でステージに向かう姿にウットリ

渾身の公演レポート!「パク・シフ主演ドラマ・フェス!大感謝祭ツアー」

韓国で最強のドラマ放送枠!KBSの週末ドラマ

『名もなき英雄』の見どころはココ!

ページ:
1 2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る