BIGBANGの3人はなぜ最前線の部隊に行ったのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

義務警察は廃止される予定

本来ならば、芸能界出身の人たちが義務警察の広報団に行くというのは、理にかなったことだ。
現在の韓国軍は、新兵たちの特技を生かす軍務に就くことを奨励しており、音楽的な特技を持った人たちが、その才能を生かして兵役を務めるというのは適材適所の考えに合っている。




それゆえ、BIGBANGの3人が義務警察に行くことは何の問題もないのだが、ネット上で批判を展開する人たちがいるのも事実である。
それゆえに、3人は意見をまとめて軍務を通して兵役を全うしようと考えたのではないだろうか。
そうなると、最後に兵役入りすると思われるV.Iも、最前線の部隊の新兵教育隊に入る可能性が高いかもしれない。
義務警察は2022年までに廃止される予定となっている。
これは、T.O.Pの問題とはまったく関係がない。
あくまでも兵役制度の変更の一環として行なわれるものである。




今後は、芸能人が義務警察に入ることもなくなってくるわけであり、他の兵役履行者と同様に一般の軍務に就く芸能人が増えることが予想される。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

芸能人の兵役が気になったらまず知るべき基本知識!

韓流スターはどんな準備をして兵役に入っていくのか

兵役に入ったスターがイジメを受ける心配は?

これだけは知っておきたい「兵役の基本」!

新兵訓練でみんなが一番いやがるのが化学ガス訓練!

ページ:
1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る