コ・ヒョンジョンという生き方

このエントリーをはてなブックマークに追加

華麗なる復活

年齢的にも30代になっていて、コ・ヒョンジョンの芸能界復帰はたやすくなかった。しかし、かつての芸能関係者たちが温情を見せた。
それによって、コ・ヒョンジョンは2005年のドラマ『春の日』で完全に復帰することができた。
ただ、全盛期の勢いは望むべくもなかった。彼女にとっては不本意な日々が続いたことだろう。
そんな彼女が再び脚光を浴びたのが、2009年の『善徳女王』である。この大ヒット時代劇で、コ・ヒョンジョンはミシルという妖艶な女性を演じて大評判を取った。




まさに、華麗なる復活だった。
コ・ヒョンジョンは往年の栄光を取り戻したのだ。
その栄光が、プライドをくすぐりすぎたのか。
2010年に出演した『レディプレジデント~大物』では、制作側と確執が生じたと言われている。
そして、今回の騒動。コ・ヒョンジョンは最新作の『リターン』に主演して、視聴率も非常に良かったのだが……。

文=「ロコレ」編集部

美しさを保つ女優ハン・ヒョジュが大好きなものは?

https://goo.gl/xkWjno

韓国女子に聞いてみる!完璧な美白肌を手に入れる7原則

https://goo.gl/xKbNVx

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

https://goo.gl/4u6Pfw

〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

https://goo.gl/MTYUqe

ページ:
1 2

3

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]

●平昌五輪
●雲が描いた月明り

●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

ページ上部へ戻る