『雲が描いた月明り』の主人公イ・ヨン(孝明世子)の最期!

このエントリーをはてなブックマークに追加

病状が急変

5月5日、治療チームの中に丁若鏞(チョン・ヤギョン)が加わった。
丁若鏞といえば、朝鮮王朝の後期を代表する思想家で名著が多い。なによりも、漢方薬の知識も凄かった。
『雲が描いた月明かり』でも世子が丁若鏞にいろいろと教えを受ける場面が出てくるが、現実の世界で丁若鏞は病床の孝明世子を診察し、重大な事実を知ってしまった。
それは、「孝明世子の命がまもなく尽きる」ということだった。




しかし、丁若鏞は冷静さを保って薬院の人に言った。
「症状に合う薬が私のところにあります。人をやって、すぐに取り寄せなければなりません」
そう言った丁若鏞だったが、彼の家は王宮からあまりに遠かった。薬を取り寄せている間に孝明世子の病状が急変し、5月6日に亡くなった。
熙政堂は悲しみに包まれた。あまりに早い21歳の死。誰もが朝鮮王朝の未来に希望を持てなくなってしまった。

文=康 熙奉(カン ヒボン)
記事提供:「歴史カン・ヒボン」http://kanhibon.com/

これから『雲が描いた月明り』を見る人のための歴史ガイド!

https://goo.gl/XqTYnY

イ・ヨン(孝明世子)の惜しまれる世子人生!

https://goo.gl/nMg7Lc

〔解説〕イ・ヨン(孝明世子)の長男が憲宗(ホンジョン)として即位!

https://goo.gl/DjNUkJ

〔解説〕世子嬪(セジャビン)という人生/イ・ヨン(孝明世子)の世子嬪は?

https://goo.gl/HsWNJu

ページ:
1 2

3

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る