日本との外交を憂慮した申叔舟(シン・スクチュ)の遺言!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

申叔舟(シン・スクチュ)は15世紀の朝鮮王朝で官僚トップになった人物だった。日本に行った経験もあり、当時の朝鮮王朝で誰よりも日本のことをよく知っていた。そんな彼は臨終のときにどんな言葉を残したのか。

1443年に来日した申叔舟

1392年に誕生した朝鮮王朝は、日本の室町幕府への使節派遣を合計で7回も計画していた。
しかし、中止になってしまったことが何度もあり、実際に朝鮮王朝の使節が京都まで行ったのは、1428年(足利義教の襲職を祝う使節)、1439年(日朝の修好を名目とした使節)、1443年(足利義教の死去のお悔やみと足利義勝の襲職を祝う使節)の3回だった。




すべて4代王・世宗(セジョン)の時代である。彼はハングルを創製して、朝鮮王朝最高の名君と称されている。
この世宗は、日本との関係を特に重視していた。その際に側近として重要な働きをしたのが申叔舟(シン・スクチュ)だ。
彼は、1443年に朝鮮王朝が派遣した使節の一員として来日しており、そのときの旅程が後に『海東諸国紀』という本になっている。(ページ2に続く)

日韓外交の転換点!重要な条約・合意を振り返る

韓国社会における「対立」の構造について

〔総集編〕韓国はなぜ日本の植民地になったのか

韓国ではなぜ妻が夫を「オッパ(兄さん)」と呼ぶのか?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る