光海君(クァンヘグン)が王になった特殊な理由!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

朝鮮王朝の14代王・宣祖(ソンジョ)には14人も息子がいた。しかし、当初は側室が産んだ王子たちばかりだった。その中で、長男が臨海君(イメグン)で、二男が光海君(クァンヘグン)である。

 

捕虜になった臨海君

臨海君と光海君は、宣祖の側室だった恭嬪(コンビン)・金氏(キムシ)の息子であった。2人は嫡子ではなかったので、本来なら王位継承者から除外されるところだが、宣祖の正室から王子が生まれなかったので、結局は王位を継げる立場になった。
朝鮮王朝は、原則的に長男が王家を継ぐことになっている。順番で言うと臨海君が世子(セジャ)の筆頭候補だった。
しかし、高官たちの間で、さまざまな駆け引きがあった。




特に、臨海君は性格が粗暴だということで、評価が高くなかった。
さらに、臨海君は王位継承の資格を失う決定的なことが起こしてしまう。その背景を見てみよう。
1592年に朝鮮出兵が始まると、宣祖の息子たちも国の危機を救うために、自ら積極的に戦地に行く覚悟を持っていた。
臨海君と光海君も朝鮮半島の地方に出かけて、義兵を募ってゲリラ戦を展開する任務を帯びた。
しかし、臨海君は加藤清正の軍勢の捕虜になってしまった。その結果、臨海君は加藤清正軍が転戦する度に引っ張りまわされ、さらには、和睦交渉の材料にまでされてしまった。これは臨海君にとって最大の屈辱だった。(ページ2に続く)

朝鮮王朝おもしろ人物列伝(15代王・光海君編)

光海君(クァンヘグン)の末路!彼は王宮を追放された後にどうなった?

https://goo.gl/AaRrBS

〔物語〕もし光海君(クァンヘグン)が現代に甦ったら何を語る?

https://goo.gl/BNe3pp

光海君(クァンヘグン)の正体!朝鮮王朝15代王の功罪

https://goo.gl/f6tgDD

ページ:

1

2

関連記事

ピックアップ記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。

〔各ジャンルの紹介〕

●兵役
・BIGBANGの兵役
・東方神起の兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓国の話題
・韓国情報
・韓国の暮らし
・ビックリ追記編
・韓国のビックリ
・韓国紀行
・平昌五輪
●韓流スター
・東方神起
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・雲が描いた月明り
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・朝鮮通信使
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国料理
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/編集部
・ロコレとは?
・編集部案内

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

ページ上部へ戻る