主役男優の多くが兵役で不在!パク・ボゴムを初め若手俳優に大きなチャンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

韓国芸能界の最近の傾向は、主役を堂々とできる男優が続々と兵役に行ってしまったということである。ポッカリできてしまった空白。それを埋める若手俳優に大いに期待したいのだが……。

若手のトップがパク・ボゴム

「兵役ロス」で主役が抜けた

たとえば、イ・ミンホ、チョン・イル、キム・スヒョン、チ・チャンウク、2PMテギョンなど。さらには、ソ・イングクも兵役中の帰宅処分によって芸能活動が再開できない状況になっている。
本来だったら、一番バリバリ主役を張れる人たちが、兵役によって俳優活動を中断している。いわば、この「兵役ロス」は、韓国のテレビドラマ界にとっては、かなり深刻なのである。




彼らがいればいろんなドラマを企画できたはずだが、それが実際にはできていない。こうした主役級の男優陣の不在は痛い。
しかし、逆に言えば、20代なかばまでの若手俳優にとっては、大きなチャンスなのである。
「本当なら自分に出番がまわってこないはずなのに、20代後半の主役級が大挙していないので、押し出されるようにチャンスがまわってきた」
そんなふうに若手俳優が考えれば、必然的にやる気が倍増するだろう。(ページ2に続く)

絢爛たるパク・ボゴム!『雲が描いた月明り』の世子の役で大人気

https://goo.gl/4u6Pfw

笑顔に魅了されるパク・ボゴムの「笑わない表情」も素敵!

https://goo.gl/6e9Syy

〔紹介〕常にファンのそばにいるイ・ジュンギが愛される理由

https://goo.gl/MTYUqe

〔紹介〕『鬼<トッケビ>』で演技を絶賛されたコン・ユ

https://goo.gl/LwZCTh

ページ:

1

2

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る