イ・ジョンソクは深遠な世界を表現できる俳優!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

多くの俳優が活躍している韓国芸能界において、イ・ジョンソクは独特な立ち位置を持っている。それは、「孤高」という表現を使っていいほどの存在感だ。そんな彼が日本でファンミーティングを開いて、素顔の魅力を披露してくれた。

©FRAU INTERNATIONAL

演じた役の1位は?

人間が持っている感情の幅広さ……その世界観を役柄に成りきって表現するのが俳優である。単調であってはいけない。多様な感情をあまさず表せられることが、韓国の俳優に一番求められることなのだ。
その点でイ・ジョンソクは、天性の俳優魂を持っている。
本人はかなりシャイなはずなのに、カメラの前に立つと、自分自身を一気に深遠な世界に飛ばすことができる。




それゆえ、同じように別世界に連れていってほしいと願うファンの心を、イ・ジョンソクはつかんで離さないのである。
12月8日に大宮で開いたファンミーティング。テーマごとにイ・ジョンソクが今まで演じてきた役柄の中から人気投票を実施したが、1位に輝いたキャラクターは『W-君と僕の世界-』の主人公カン・チョルだった。
女性のあこがれをイ・ジョンソクが魅力的に実現させたのだから、それも当然かもしれない。(ページ2に続く)

イ・ジョンソクが日本のステージで見せた最高の笑顔!

イ・ジョンソクが見せた魅惑的な「真夏の夜の夢」

今年(2019年)除隊する大物芸能人!除隊日の総まとめ

韓流スターの兵役が気になったらこれだけは絶対に知っておこう!

「今や兵役は芸能人の墓場ではない」と言い切れる根拠とは?

ページ:

1

2

関連記事

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る