やさしく覚える初級ハングル 第7回・食堂編

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ハン教授とグル助手の対談形式でハングルを覚えていく企画も7回目となった。韓国旅行をしているときの言葉なら、食堂で使うものが必須であるに違いない。さて、食堂ではどんなハングルが便利だろうか。

食堂で使う言葉

ハン「街を歩いていると、やっぱり美味しいものを食べたくなるよ」
グル「韓国料理は美味しいですからね」
ハン「でも、食堂に入って何かを注文するのは結構難しいと思う」
グル「そうなんですよ。ヘタに言うと、とんでもないものが出てきますから……。明洞(ミョンドン)は、日本語のメニューがよくあるからいいですけど、他に行くと注文が大変です」
ハン「最近はメニューに写真が付いているところも多いよ」
グル「そういう店を選んで入れば無難ですね」




ハン「そして、『これ、ください』という意味の『イゴ ジュセヨ(이거 주세요)』と言えばいい。それで、食べ終わったときのお勘定なんだけども、これを韓国では『ケサン ヘ ジュセヨ(계산 해 주세요)』と言うね」
グル「はい。計算の発音は、日本語も韓国語も似ています」
ハン「日本語の『勘定』が韓国では『計算』になるわけだ。『ヘ』は『~して』という意味だね。会計するときはぜひ『ケサン へ ジュセヨ』と言おう」
グル「このとき、店の人が金額を言いますが、これが早口で聞き取れないことが多いんですよ」
ハン「そんなときは、この連載で以前習った『タシ ハンボン』とか『チョンチョニ』を使おう。それから、『ケサン ヘ ジュセヨ』とは別に『オルマエヨ?(얼마예요?)』でもいいよね」
グル「『いくらですか?』という意味ですね」
ハン「そう。この『オルマエヨ?』のほうがいいかも。それで、相手が早口で金額がわからなかったら、数字を書いてもらったほうがいい」
グル「そのときはペンで何かを書く素振りをして、『ソ ジュセヨ(써 주세요)』といえばいいですね。『ソ』は『書く』という意味になります」(ページ2に続く)

やさしく覚える初級ハングル 第5回・空港編

やさしく覚える初級ハングル 第6回・道を尋ねる

対談!韓国語の効果的な学び方(前編)

【連載】ヒボン式かんたんハングル1

ページ:

1

2

関連記事

本サイトの構成

本サイトは以下のジャンルに分類されています。
左上にカラーで色分けされた各ジャンルがありますので、それぞれにクリックをして目的のジャンルにアクセスしてください。
[各ジャンルの紹介]
●兵役
・東方神起の兵役
・イ・ミンホの兵役
・2PMテギョンの兵役
・スター兵役情報
・社会服務要員
・義務警察
・兵役の一般知識
●韓流スター
・東方神起
・防弾少年団
・スタートピックス
・スター物語
●ドラマ情報
・ドラマトピックス
・話題作
・「テバク」
・朋道佳のイチオシ
●おもしろ人物列伝
●歴史物語
・光海君/仁祖
・貞明公主
・時代劇の登場人物
・日韓/韓国の歴史
●韓流ライフ
・コラム
・やさしく覚えるハングル
・ヒボン式ハングル
・韓国のビックリ
・韓国情報
・韓国料理
●紀行/対談
・韓国紀行
・日本のコリアを行く
・対談
●ロコレ?/会社概要
・ロコレとは?
・会社概要

ページ上部へ戻る