韓流スターの兵役で特に知っておくべきこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

除隊しても兵役は終わらない

陸軍であれば、新兵訓練の始まりから21カ月が経過すると除隊となります。
しかし、除隊をしても兵役が終わったわけではありません。
韓国は北朝鮮と激しく対峙しているので、いつ戦闘が始まるかわかりません。それで、せっかく軍隊で覚えた銃の撃ち方などを錆びつかせてはいけないということで、除隊してから4年間は動員訓練を行ないます。1年間に28時間、2泊3日の合宿みたいにして銃の撃ち方などを復習するのです。




それが終わると2年間の郷防訓練がありまして、時間が20時間に減ります。
その後は民防衛訓練が40歳まで続きます。
この民防衛訓練は、「集まれ」と言われたときに、すぐ集まってこられるかをチェックする訓練です。
そして、40歳になると兵役は完全に終わります。逆にいえば、40歳までは軍に籍があるわけです。たとえ除隊したとしても、軍隊で経験したことをペラペラ話すわけにはいかないのです。

文=康 熙奉(カン ヒボン)

芸能人の兵役はなぜ社会服務要員と義務警察が多いのか?

韓流スターの兵役はいつまで行かなければいけないのか

なぜ芸能人の兵役は厳しく見られがちなのか

韓流スターは除隊のときに何を語っていたか

ページ:
1 2

3

必読!「ヒボン式かんたんハングル」

「韓流ライフ」というジャンルの中に、「ヒボン式かんたんハングル」というコーナーがあります。ここには、日本語と韓国語の似ている部分を覚えながら韓国語をわかりやすくマスターしていく記事がたくさん掲載されています。日本語と韓国語には共通点が多いので、それを生かして韓国語の習得をめざすほうが有利なのです。ぜひお読みください。

連載記事「日韓の二千年の歴史」

日本と朝鮮半島の間には長い交流の歴史があります。古代から現代までの二千年の間、果たしてどんな出来事があったのでしょうか。日本各地に残る史跡を訪ねて両国の交流の歴史をたどる連載が「日韓の二千年の歴史」です。改めて過去を振り返ることで見えてくる現実もあります。そういう意味では、二千年の歴史は今の日韓関係を考えるうえでも重要な要素をたくさん持っています。ぜひ連載記事をお読みください。

ページ上部へ戻る